「借金」という選択

借金についてはできればしたくないあるいは、しない方が良いといったことはみなさんもご存知のことと思います。
借金については「負の財産」とも言われており、自分自身も支払いが苦しかったり大変だという声が後を絶ちません。
特にローン返済については苦しんでいる人が多数見受けられます。
また想定外のハプニングで返済ができなくなってしまったという人も少なくありません。
特に仕事を失う「リストラ」についてはまさしくそうした可能性が高まってしまいます。
リストラは中小企業など一部のできごとではなく、今や名だたる大手企業もリストラは盛んに行われており、他人事ではありません。


もしも自分がリストラにあったら、借金を返済できるだろうか?ということも考えておく必要があります。
万が一延滞した場合には、利息が増えてしまいますます家計は苦しくなります。
車や家などほしいものはこの世にあふれていることと思いますが、借金をする場合は5年後、10年後、20年後など先のことを考えた上で検討したいところです。
できれば現金で一括払いできる範囲で買い物するのが理想といえます。


現金一括払いが可能であれば利息も発生しませんし、万が一のときも借金で首がまわらないといったこともありません。
借金についてはみんな安易にしているように見えて、さまざまな金策を練っているのが普通です。
身近な人が手に入れたものは、自分も簡単に手に入れることができるように感じるかもしれませんが、そうではないケースも多々あります。


≪特選サイト≫
借金やローン返済などを無料相談で解決してくれる法律事務所のサイトです=> 借金

Copyright © 2014 借りた後が怖い。借金の延滞について All Rights Reserved.